ブライトGヘルシー
の特長


ブライトGの仕様


ブライトGヘルシー
お客様の声



マイナスイオン
パウダー


お掃除お役立ち
ツール

マンション
オプション

会社概要


トリニタモイストゲル くちゃ配合
ミネラルやイオン化合物を含んだくちゃは、沖縄の海底でしか採れない大変貴重な泥

そのくちゃをはじめ、女性ホルモンと似た作用を持つプエラリアミリフィカ、お肌を清潔にしてくれる微生物の入った保湿ゲルを等を配合した、全身にお使いいただけるゲルです
紫外線などで痛んでしまった肌や、メラニン色素が沈着して黒ずんだ肌も補正してくれます。

パラペン無添加、着色料無添加、
香料無添加
生きてる有益微生物で入りでお肌を清潔に保つ
沖縄の海底に眠るくちゃで潤い肌
トリニタモイストゲルで一つで全身にお使いいただけます。
トリニタモイストゲルの特徴
エイジングケアの為に作られたオールインワン保湿ゲルです。
セラミドをナノリボソーム化にして浸透力UP
保湿成分「セラミド」をお肌へ浸透しやすいようにリン脂質でカプセル化しました。
このカプセルはお肌へ浸透した後にカプセルが分解され、中に含まれているセラミドが角質層の中まで行き届きます。
コラーゲンとヒドロキシプロリンで”ぷるぷる”お肌
コラーゲンでぷりぷりお肌へ
お肌の弾力強化するためにバネの役割をするコラーゲンとヒドロ岸プロリンをダブル配合


ダブル保湿効果
お肌の表皮からはヒアルロン酸で潤いを
お肌の中からはナノ化セラミドで潤いを
ダブル効果でお肌に潤いを与えます。


植物プラセンタで透明感のあるお肌に
植物プラセンタと呼ばれる「カッコン」「クロレラ」「アロエ」の植物エッセンスが、バランスよく配合することで相乗的に働き、線維芽細胞の増殖を促して、コラーゲンやエラスチンなどの真皮の成分の産出をサポートし美白効果も期待できるといわれています。

くちゃってなぁに
国内では沖縄の海底でしか採れない粘土層の泥灰岩で、古くから沖縄で洗い髪粉として親しまれていました。
ミネラル成分を多く含み、泥パックなどで使用される天然100%無添加の泥です

トリニタモイストゲル様々な効果の紹介
有益微生物が配合されていたり、沖縄の珍しい泥、くちゃが配合さていたり、お肌にやさしいいろんな成分が入っているトリニタモイストゲル。
保湿効果のある成分を絶妙なバランスで配合

トリニタ モイストゲル

初回 モニターキャンペーン実施中!!
トリニタ モイストゲル
内容量 60g

定価2,800円 を2,300円(税抜)で

消費税込み2,484円

(送料込み)

注文数
化粧品
用途:保湿ゲル
使用法:トリニタモイストゲルを適量とり、清潔にした後の肌にのばしてください。顔や手のほか、全身にご使用いただけます。
■製造元(株)アドバンス


使い方
手に少し取り、うすく伸ばしてお使いください。
1.就寝前の保湿に、お顔や手や足など全身に
2.ネイルケアにも使える、さらさらした使い心地だからべた付かない
3.紫外線で痛んでしまったお肌に集中的に、悪いものを除去してくれる微生物とくちゃの効果
4.かかとのひび割れにも

主成分と安全性

家庭用品品質表示法に基づく表示
品名:トリニタ モイストゲル(内容60g)2940円税込み
成分:水、BG、ベタイン、プエラリアミリフィカ根エキス、ヒドロキシプロリン、ペレンチレングリコーゲン、スクワラン、カルボマー、アミノカプロン酸、アルギニン、アラントイン、カッコンエキス、アロエベラエキス−1、クロレラエキス、イチョウ葉エキス、ヒバマタエキス、セイヨウトチノキ種エキス、オタネニンジンエキス、グリチルレチン酸ステアリル、リゾリシチン、ヒアルロン酸Na、コンゾウ根エキス、ウマスフィンゴ脂質、チャカテキン、ダマスクバラ花油、水溶性コラーゲン、海シルト、コメヌカ発酵エキス

用途:保湿ゲル
使用法:トリニタモイストゲルを適量取り、清潔にした後の肌にのばしてください。顔や手のほか全身にご使用いただけます。


注意
●皮膚あるいは体質に異常がある場合は使用を中止し、医師に相談してご使用下さい
●本品は食べられません。万一飲み込んだ時は水を飲ませて吐かせるなどの処置をし、すぐ医師にご相談下さい。
●高温多湿を避け、乳幼児の手の届かない冷暗所に保管してください。
●開封後はすぐにお使い下さい。

主成分の特長
成分名 各成分の特長
海シルト 沖縄の海底から採れる粘土 沖縄 古来から伝わる黒髪・美白を保つために使用されている
コメヌカ発酵エキス コメを発酵・熟成させた日本酒酵母エキスはビタミンB1・B2・アミノ酸などを含有している。皮膚の水分保持能力改善作用があり、肌荒れを防いでみずみずしく整える。
BG(1,3-ブチレングリコール) 適度の湿潤性と抗菌力があり、皮膚に対する刺激もない。各種クリーム等の保湿剤成分
ベタイン(トリメチルグリシン) サトウダイコン・綿実等の植物から抽出される天然のアミノ酸系保湿剤。吸保湿性が高く、皮膚や髪に柔軟性と弾力性を与える。
ブエラリアミリフィカ根エキス 芋のエキス 女性ホルモンの高揚
ヒドロキシプロリン(L-オキシプロリン) 微生物を使用した発酵法により製造される白色粉末。コラーゲンの産生や表皮細胞の増殖を促進するので、化粧品には皮膚老化防止剤として配合
ベンチレングリコール     (1,2-ペンタジオール) 無色透明の液体で特異臭がある。多価アルコールの一種で、保湿・抗菌性を有する。
スクワラン 深海のサメ類の肝油成分のアウクワレンに水素添加して得られる無色透明の油。化学的に安定で、代表的な上質のオイル。皮膚刺激はほとんどなく、エモリエント効果に優れ、広く化粧品に使用されている。
カルボマー (カルボキシビニルポリマー) 水溶性高分子で、毒性及び眼粘膜、皮膚に対する刺激はほとんどない白色粉末。微生物による汚染がされにくいことから、増粘剤として現在最も多く使用される。
アミノカプロン酸 (ε-アミノカプロン酸) 中性アミノ酸。皮膚刺激を抑制する目的で化粧品に配合
アルギニン  (L-アルギニン) 生体たんぱく質の成分で白色の結晶または結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがある。化粧品では中和剤として広く使用される。
アラントイン 羊の羊膜の分泌液中に発見された、無色無味の粉末。細胞増殖作用があり、表皮組織を形成し、創傷を治癒するので皮膚疾患にも用いられ、薬効を目的としたクリーム・化粧品・メイクアップ化粧品・頭髪用化粧品などに使用される。
カッコンエキス クズの乾燥根から得るエキス。化粧品では保湿・美白等を目的に使用されるが、高いコラーゲン合成促進作用が注目され、シワ・たるみ改善作用を有する素材として期待される。
アロエベラエキス‐1 (アロエエキス(2)) アロエベラまたはキダチアロエの葉から得られた液汁からアロイン(ヌルヌル成分)を除去して乾燥させたものより抽出したエキス。保湿効果に優れている。
クロレラエキス クロレラを熱水で抽出して得られたエキス。クロレラにはたんぱく質をはじめ、β‐カロチン・ビタミンB群・ミネラル・必須アミノ酸などが豊富に含まれ、保湿作用や皮膚細胞を活性化するは高きがあり、老化防止・シワ防止などを目的に化粧品に使用される。
イチョウ葉エキス イチョウの葉の抽出物であり、褐色の透明液体で特異臭がある。化粧品分野では保水・保湿・皮膚柔軟性・シミソバカスの防止などの美容効果が報告されており、クリーム・乳液・浴用剤などに使用されている。
ヒバマタエキス ヒバマタから抽出したエキス。アミノ酸やヨード、亜鉛などのミネラルを豊富に含む。保湿効果や血行促進作用があり、基礎化粧品・痩身用化粧品などに使用される。
セイヨウトチノキ種子エキス (マロニエエキス) セイヨウトチノキの果実または葉を抽出して得られる。化粧品に配合すると、抗炎症作用・収斂作用・毛細血管浸透作用・抗浮腫作用・血行促進作用がある、ヘアローション・シャンプー・浴用剤などに使われる。また、紫外線吸収性もあるので、日焼け防止の目的でサンケア製品にも使用される。
オタネニンジンエキス (ニンジンエキス) 薬用のオタネジンジンの根から抽出して得られるエキス。代謝促進作用・血行促進作用があり、化粧品に配合すると、肌荒れ・子ジワ・ニキビ・脱毛・フケ防止などに効果がある。クリーム・乳液・化粧水・シャンプー・リンス・養毛剤などに使用される。
グリチルレチン酸ステアリル 抗炎症作用・抗アレルギー作用・細菌発育阻止作用・抗消化性潰瘍作用などがある。強力な消炎効果があるので、皮膚の消炎およびかぶれ防止、更にはニキビの予防や悪化を防ぐなどの目的で、化粧品や医薬部外品に広く使用される。
リゾレシチン  (大豆リゾリン脂質) 複合脂質の一種。細胞膜の組成と非常によく似ているため、肌内部の細胞まで浸透し、細胞膜に取り込まれるように入り、保湿効果を高める。
ヒアルロン酸Na 無色の粘稠な液体で、わずかに特異臭がある。保湿性や浸透性に優れ、皮膚にハリを与え、滑らかにする効果がある。保湿剤として広く使用される。
カンゾウ根エキス カンゾウ類の根および根茎から抽出し、酸析、除タンパクなどの精製工程を経て得られる。皮膚刺激に対する抑制あるいは予防効果と美白効果・肌をなめらかに整える柔軟化作用がある。
ウマスフィンゴ脂質 馬の背骨から抽出 セラミド お肌のしわ抑制
チャカテキン お茶から抽出 美白・消臭
ダマスクバラ花油 最高級バラの花から採る精油(ブルガリア ローズ)高級化粧品香料
水溶性コラーゲン 哺乳動物・魚介類・鳥類などの結合組織から抽出して得る。化粧品に配合すると皮膚との親和性にきわめてすぐれ、皮膚の保護効果が期待できる。水とよく水和するため、皮膚への水分補給による保湿機能の改善にも貢献し、皮膚の正常な生理作用を妨げることもない。